2017年05月10日

「お迎えデス」ドラマ動画 最終回 感想 実写ドラマ

20170509151243
『天然パールピンク』『キスよりも早く』などで知られる人気少女漫画家田中メカの初連載作品『お迎えです。』が2016年4月より実写ドラマ化されます【お迎えデス ドラマ 動画】。原作は、主人公堤円(つつみまどか)が高校3年生の時点からスタートでしたが、ドラマ版は20歳の大学生という設定でスタートするようです。原作に忠実な構成であれば、おそらく一話完結式になる可能性が高いです。

本作は1999年から2002年にかけて連載され、全5巻(文庫版では少々内容が違いますが全3巻)で完結しています。このたび、実写ドラマ化にともなって、続編の連載開始が発表されました。2016年2月24日発売のLaLa4月号からスタートするようです【お迎えデス ドラマ 感想】。

大学生の堤円はある日、夜道でピンクのうさぎとじいさんが格闘しているところに遭遇。話を聞いてみると、じいさんは昨日死んだばかりの幽霊で、ピンクのうさぎはじいさんを「お迎え」に来た死神ナベシマとのこと。しかし、じいさんは心残りがあるのか、ナベシマのお迎えを受け入れようとしません。

幽霊と死神を見ることができる堤をナベシマは、死者を成仏させるアルバイトに誘います【お迎えデス ドラマ最終回】。幽霊を見るだけでなく自身に憑依させる能力も有している堤は、先輩バイトの阿熊幸(あぐまさち)にしごかれながら、死者の未練を解決していくことになり……。
posted by 私のおじさん 韓国ドラマ DVDのあらすじ全話 at 11:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。